S.M.i.L.E Niseko Japanese and English Language School S.M.i.L.E Niseko Japanese and English Language School

ようこそ SMiLE Niseko へ!

私たちSMiLEは、国際的に認められた指導資格と教授法に基づいた教師陣によって、プロフェッショナルな英語コースと日本語コースを提供するランゲージスクールです。海外の語学学校と同じ水準を保ち、各種コースや国際資格試験を提供しています。既存の日本の英会話教室ではありません。

<ヤングラーナーズ>
SMiLEで学ぶ子どもたちにとって、SMiLEの授業は学校の補習という位置づけではなく、ここで学び挑戦することで、ゴールドスタンダードな国際英語資格(ケンブリッジ英検)が取得でき、身に付行けた英語力が子どもたちの人生におけるチャンスを大きく広げるものとして使われていきます。

<一般>
仕事で英語を必要としている方や、英語でコミュニケーションを取りたい方にとっても、現場で即戦力として使える英語力が身に付き、多くの地元の方々が仕事や生活に役立つツール(道具)として、身に付けた英語を使っています。

これらは、4技能(話す、聴く、読む、書く)を確実に高めることをベースに構成された国際基準のコース国際教授資格(Cambridge Assessment English認定DELTA/CELTA/TKT)を持った教師陣によって実現しています。

<英語教員>
教育現場で英語を教える先生方にとっても、国際教授資格試験が受験でき、それが実際のティーチングに多いに活かされています。

このホームページでは、SMiLE Niseko Language Schoolについて、また、ケンブリッジ英検について記載しています。

最新の英語クラス、国際英語試験についてのニュースは、各ページの右欄をご覧いただくか、Facebookでも近況を載せています。

コースや言語学習、国際試験、ティーチングアプローチ等について、詳細、ご質問がございましたら、どうぞお気兼ねなく、ご連絡ください。

S M i L E とは?

恵まれた食環境、どこででも均等に受けられる教育と医療。
現代を生きる私たち北海道人の周りには、心豊かな生活を送るために必要なものが整えられています。

しかし、今後、あらゆる産業や分野において、北海道人(日本人)が行き詰まりを感じてしまうものとは何でしょうか。あるいは、言い方を変えて、身に付けることによって、人生における様々なチャンスを高めてくれるもの(ソーシャルモビリティー)とは何でしょうか。

それは、猛スピードで動くグローバル世界で、世界中の人々と「コミュニケーションできる能力」です。

現に、このニセコ地域が示しているように、外国語習得によって、
1.仕事の選択肢が広がる
2.収入や給与にダイレクトに影響を与える
3.更なる高等教育機関へ進む可能性を高める
4.世界中からやってくる外国人とコミュニケーションすることができる
5.物事を考えたり、批判的思考を構築したり、判断したりするための情報を、世界中から得られる
6.自由に世界に出て、旅行したり、住んだり、勉強したリ、働いたり…広い世界に身を置き、自らを高めるチャンスを広げてくれる

外国語を習得すると、人生におけるこのようなチャンスが広がります。

このような観点から、
「ソーシャルモビリティ
(人生におけるチャンスや選択肢を増やしてくれるもの)   = 言語教育である」というモットーと願いを込めて、ランゲージスクールをスタートさせました。

Social Mobility is Language Education (S.M.i.L.E)

この頭文字と意味を組んで、このランゲージスクールを S M i L E と名付けています。もちろん、人と人がコミュニケーションを行う上で、言葉を超えて世界で共通してできるジェスチャー「スマイル」の意味が含まれていることは言うまでもありません。

Smile Niseko Strap - wide - transparent background

もっと多くの地域の方々が、より多くの知識と実践力、そして少しの勇気でお互いにコミュニケーションができれば、さらに効果的に、この町を、この地域を、よりワイドで住みやすく、そして働きやすく、また観光客にとっても訪れやすい場所にすることができます。

「言語が人々と地域に力を与える」

私たちはそう信じています。

back to top

S M i L E のミッション

Julian Baileyとベイリー佳子は、2006年、イギリス、ロンドンからニセコ地域に移住してきました。

私たちは、このニセコ地域のユニークで国際的なコミュニティの一員になれたことを特別なものとして感じています。それは、日本各地や世界中から集まってくる多くの人材を通して、この地域には、類い稀な可能性があることが目に見えてわかるからです。

年々、インターナショナル化するこのニセコ地域で、この可能性を最大限、現実のものとするために、住民や子どもたち一人一人が、国際人としての意識を持たなければなりません。また、その国際人に不可欠な外国語力は、迅速に身に付けなければならない重要課題です。

ニセコ地域には現在、様々な雇用や昇給、世界的なビジネスチャンスが高まっているにも関わらず、地元の人々がそれをつかみきれていないギャップがあります。そして、このようなチャンスが、日本各地や海外からやってくる人材に奪われているのが現状です。

SMiLEのミッションは、シンプルに、そのギャップを埋めることだと考えています。
 

◎この地域に住む人々が、一日本人として、一国際人として、誇るべき地元を世界の人々に紹介し、繋がることによって、より一層、地域経済を活性化させること

◎この地域で生まれ育った子どもたちが、将来、重要な人材となり活躍すること

◎子どもの時期から、今後、絶対不可欠な国際基準の英語力を身に付けるサポートをすること
 

それが、SMiLEの長期的なミッションだと考えています。

back to top

S M i L E の 教師陣

日本には、様々な英語の先生が数多くいます。学校や先生を選ぶときには、そこにいる先生が国際的な指導資格があるかどうかを確認する必要があります。資格のある先生から学ぶのとそうでないのとでは、習得時間や結果に大きく違いが出るからです。SMiLEには、全教員のDELTA/CELTA/TKTの国際英語教授資格証明書が壁に掛けられています。


Julian Bailey
SMiLE Niseko Language School 代表

イギリス出身。日本に永住権を持ち、現在倶知安町に在住。
ケンブリッジ大学において、教育学と地理学を専攻し首席で卒業。
1998年から2年間、北海道でJET(文部科学省派遣英語指導助手)を経験。

2014年、SMiLE Niseko Language Schoolを開校し、北海道発のケンブリッジ英検試験センターとして認定を受ける。現在、語学学校の運営とケンブリッジ英検スピーキング試験官の養成、そして英語教員の養成に力を入れている。

2018年より、倶知安町「小学校英語教育事業」の委託を受け、町内の全小学校に国際指導資格を持った英語専科教員とアシスタント教員を派遣し、すべての英語の授業を英語で実施している。

2019年、文部科学省「生徒の発信力強化のための英語指導力向上事業 オンラインオフライン研修」にケンブリッジ大学出版社の研修が採択され、全国4名のオフライン(対面)指導者の一人として任命を受け、全国で研修を実施している。

<教員・指導資格>
・イギリス初等教育における教員免許
以下、ケンブリッジ大学英語検定機構認定による
・「上級英語教師資格 DELTA」 Diploma in English Language Teaching to Adults
・「英語教師資格 CELTA」 Certificate in English Language Teaching to Adults
・「ヤングラーナーズ指導資格」 YL Extension to CELTA
・「トレーナー養成資格」 Train the Trainer

また、教員としては異色なビジネス経験も備え、イギリスではCanon UK、ニセコではHokkaido Tracksにおいて、成功的なビジネスの経歴も持ち合わせている。

これらの経験や知識を活かし、地元のビジネスコミュニティーのニーズをしっかりと把握した言語教育を提供することで、学習者と企業をつなぐ橋渡し役として地元経済をサポートしている。

 

Yoshiko Bailey
SMiLE Niseko Language School 代表
ケンブリッジ英検北海道試験センター センター長

北海道十勝にある小さな町の出身ながら、英語を通して大きな世界を見て経験する。学生時代にアメリカとイギリスに留学。英語学、教育学を学び、5年間北海道の公立中学校で担任業と英語教育に携わる。再びイギリスに渡り、日本語教師としての国際指導資格を取得後、ポーツマスにあるSix form collegeで職を得、公立中学校と高校、ポーツマス大学、また、夜間の大人のコースなどで日本語を教える。多くの指導経験を積みながら、日本とイギリスの教育や指導法の違いを経験する。

2014年 SMiLE Niseko Language School開校後、地域に住む外国人住民や外資企業、倶知安町内の小学校において日本語を母語としない外国人児童に日本語を指導。

SMiLE Niseko Language Schoolの運営と、主に俱知安町や札幌市でのケンブリッジ英検開催と運営を行う。

<教員・指導資格>
・日本の公立中学校における教員免許
ケンブリッジ大学検定機構認定による「外国語としての日本語ディプロマ教授資格」Japanese as a Foreign Language under the Cambridge University Local Examinations Syndicate 

 

SMiLEではこの他、国内外から集まった国際指導資格(DELTA/CELTA/TKT)を保有した多くの教員が、日々の指導に携わっています。

back to top

Media

2018年10月5日 朝日新聞出版 AERA English
日本の「海外」北海道ニセコへGO!

2017年 7月31日 HBC 
特集「ニセコ開発の光と影」

2017年 7月12日 STV 
特集「変貌するニセコ」

2017年 1月31日 北海道新聞 
「ニセコで働く国際派着々」

2016年 1月25日 北海道新聞 
「『スマイル』倶知安に英語熱」

2016年 1月号 大修館 英語教育 
「TKTを活かした教員研修」

2015年  1月27日 北海道新聞 
「開校1年 育つ英語力」

2015年12月25日 朝日新聞 
「国際化のニセコにヒント」

2015年12月15日 北海道新聞 
「外国人観光客 英語で円滑に」

2015年12月 2日  NHK ほっとニュース北海道 
創生③ 「外国人で再生」 

2015年10月14日 北海道新聞 
「ニセコ核に後志活性化を」

back to top

Hokkaido Exam Centre - JP181

SMiLE 語学学校は、Cambridge English Language Assessment (ケンブリッジ大学英語検定機構)より、Hokkaido Exam Centre JP 181(北海道試験センター)として、正式に認められており、北海道におけるケンブリッジ英検の業務を行っています。

今後の各試験は、以下を予定しています。詳細はinfo@smileniseko.comまでお問合せ下さい。

A2 Key & B1 Preliminary 
試験日:2019年11月16日(土)終了済
試験会場:倶知安町中小企業センター
申込み締切日:9月13日(金)

B2 First 
試験日:2019年12月14日(土)終了済
試験会場:北星女子中学高等学校、札幌
申込み締切日:10月17日(木)

YL Pre A1 Starters, A1 Movers 
試験日:2019年12月7日(土)終了済
試験会場:倶知安町中小企業センター
申込み締切日:10月4日(金)

TKT Module 1
試験日:2019年8月18日(日)終了済
会場:北星女子中学高等学校
申込締切日:6月28日(土)

TKT Modules 2 & 3
試験日:2019年11月24日(日)終了済
試験会場:北星女子中学高等学校、札幌
申込み締切日:9月27日(金)

TKT CLIL & YL Modules
試験日:未定
試験会場:
申込み締切日:

Speaking Examiner Training session
実施日:2019年8月18日(日)/2019年12月15日(日)終了済
会場:北星女子中学高等学校
申込締切日:お問い合わせください。

SMiLEでは、ケンブリッジ英検に向けた各種コースを提供しています。お問い合わせください。

Cambridge English        保護者のためのNews Letter

ニュースレター第12号に、ケンブリッジ英検 北海道試験センター設立を記念して、SMiLEの子どもたちの写真が掲載されています!

各種英語コース受講生募集について

各種英語コースの新規受講生募集期間は、毎年2月~4月初めになります。各クラス満席になり次第、募集を締め切りますので、お早めにお問い合わせください。 尚、一般のコースを受講ご希望される際は、最初にお一人ずつレベルチェックを行い、レベルにあったクラスをご案内させて頂きます。